ブログトップ

アリスに首ったけ★

アリス、19回目の検診も無事にクリアしました。

アリスが生後半年を過ぎた時に避妊手術を受けさせる時、初めて血液検査をしました。


それからは、半年ごとに検診を受けさせて来ました。
先代ワンコ、ヨーキーズの♀のラムを、病気で、たった6歳で見送ってしまった飼い主の
後悔と懺悔と反省からです。


アリスの検診項目もどんどん増えて充実していき、血液検査、検便、検尿の他に、
レントゲン検査、エコー、心電図などなど、本当に獣医学の進歩には感謝しています。


かかりつけの獣医さんは、予病の大切さを思っていらっしゃる先生なので、
血液検査は40項目以上もあります。


あと、触診にも力を入れて下さっていて、目、耳、鼻、口、筋肉、関節の動き、体温、心音、、、
すべて念入りにチェックして下さいます。
眼圧なども計って下さってます。


あと皮膚の状態もシャンプーのたびにチェックして下さっています。
今年の1月、アリスの体に湿疹が出来ている事を指摘されて、
アリスが痒がっていなかったので気付かなかったのですが、結構広範囲に湿疹がある、
という事で、治療をして頂きました。
2週間に1度の薬用シャンプーと抗生剤をしばらく投与しました。
今ではすっかりきれいな皮膚です。




2年前の3月に左後ろ脚靭帯断裂のTPLO手術をした時だけは、6月の検診を見送りました。
どちらにしろ手術前血液検査もありましたし、術後は色々な心配やケアをしての生活でしたので、
かかりつけの獣医さんが『今回は見送りましょう』と言って下さいました。


その年の年末の検診は受けさせました。



今までの検診で、大きな問題もなくもうすぐ10歳になろうとしています。



人間のように、『最近、ちょっと胃の調子が悪いのよね、、、』とか、
『最近、ちょっと目がかすむのよね、、、』なんて言ってくれない動物ちゃんたち。


そうなると、飼い主は見た目、様子、そして、こうした検診でしか体調を知る事は出来ません。

アリスの見た目はとにかく元気です☆


下痢や嘔吐はもうここ数年見た事がないほどです。
いつも快眠快便です。


チッチも、ペットシーツの排尿で見る限りストルバイト結晶もないですし、
ましてや血尿なんて1度もありません。
もしも血尿なんかが出たら、私、悲鳴を上げてしまうかもしれないです。


ph試験紙をネットで購入して、Ph値を常に調べるようにしています。
弱酸性になっていればOKです。
殆どPh6の弱酸性ですが、フードを食べた後の30分~2時間以内のチッチを計ると、
Ph値が8~8.5ぐらいのアルカリ性になります。



昨年12月の検診の時は、アルカリ性になる事が多く、検診の尿検査でもPH値が高かったので、
フードは昨年12月から獣医さんの薦めでPhコントロールのフードにしています。
効果あります。




アリスは、よく吠え(家の中だけ)、よく走り(家の中を)、よく食べ(これが一番の生きがい!)、
よくいたずらし(永遠の3歳児)、そしてよく眠ってます。


2年前のTPLO術後の経過も順調で、今回の脚のレントゲンでも何ら問題ないそうです。
背ぼね、腰椎もOK、馬尾症候群も大丈夫そうですし、アンヨの関節炎もみられないそうです。


コーギー特有の病気のDMの事もコーギーの飼い主は常に考えないといけないですので、
アリスの歩き方、後ろ脚の運びなどはいつも見ています。


体重は11.35㌔だったそうです。
3年ぐらい前に14㌔超えしたのがうそのようです。
ダイエット用フード(獣医さんお薦めの)であっという間にダイエット出来ました。




あのケガでは飼い主は沢山沢山反省をしました。

アリスはなかなか痩せなかったので、運動をさせる事に力を入れ過ぎて、
ホントによく走らせました。


またアリスは、健康優良児過ぎて、そして走る事が大好きなワンコだったので、
こちらも加減と配慮が足りませんでした。


それが脚に負担をかけさせたのだろうと思います。
本当に、痛い、辛い思いをさせてしまいました。

こうして復活出来た事に心から感謝しています。



そしてとにかく反対側の脚の靭帯断裂だけは絶対にさせない!と固い決意をしました。
(術後1年以内に反対側の脚も靭帯断裂する確率は4割なのだそうです。
高い確率ですが、私は絶対に残りの6割になってやろう!と決めました。
術後2年が過ぎました。)


特に私が心配性なので、あまり気にしないダンナにはかなりイラッとしました。
でも、はっきり言ってTPLO手術はとお~~っても高額手術です。
いくらアニコムさんに入っているからと言っても、手術代には上限があります。
その上限を軽く軽く超える金額です。
術後半年後にはプレート除去手術もあります。
(プレート除去手術はアニコムさんの手術代上限内でした。)


ここで色々な注意をする事は結果的に手術を回避出来るのですから、
アリスにとっても私達にとっても大切で必要な努力だと思いました。


アリスのアンヨは昨年よりもしっかりとしてきて、
四肢がプルプルしたりする事も、勿論跛行(はこう)も全くなくとっても元気なアンヨです。




見た目で『アリス、かなり老けたなぁ~』と思う事はまだ殆どないのですが、
でも、口角のドロボー顔の黒い部分はどんどん白くなり、
耳の中の耳毛(?)も白くなってきています。
ビミョーな衰えはきっとあるのだと思います。


ただ、あのケガ以降、もうドッグランで走らせたり、ボール遊びをさせたり、
海岸を爆走させたり、川遊びに連れて行く事は一切ありません。


昨年あたりはちょっと淋しかったりもしましたし、海岸で爆走するアリスの姿をまた見たい、、、
と思ったりもしました。


でも8月末には10歳になりますので、今はゆっくり生活して、
気候が良い時にだけ、無理をさせずに、カート必携でドライブに行ったり旅行に行ったりして、
そして病気やケガをしないで長生きしてくれたらいいな、と願っています。






f0182121_1217246.jpg







emoticon-0171-star.gif去る6月9日の午後7時過ぎの空が凄く真っ赤になった、というニュースを
翌日の情報番組などで放送していましたよね。



視聴者さんからのSNS投稿を色々放送していました。




私も、その時(6月9日 午後7時15分頃)、『あれ?空が明るい!』 と気付いてベランダに出て、
デジカメで写真を撮りました。



写真では表現出来ないような空でした。


ここに住んでから、こうした色々な空の表情を見る事が出来て、
本当に幸せです。






f0182121_11194784.jpg

[PR]
by alice0827 | 2015-06-17 11:44